治療方針

東洋医学では、病気や痛みの原因は「正気」の不足や弱りが原因と考えられています。「正気」とは、西洋医学でいう「免疫力や抵抗力、自然治癒力」といわれるものです。この「正気」が充実していると病気や痛みの予防や改善ができると考えられています。 

当院では、鍼灸施術により身体が本来持っている自然治癒力(正気)を高めることにより病気や痛みの改善を図って参ります。

 また、西洋医学的な評価のもと器質的な変化が原因と思われる疾病には、鍼灸施術と共に手技療法もおこない早期の回復を図ります。

「未病」について

東洋医学には「未病」という考え方があります。「未病」とは、病気と健康の間の状態を指します。頭痛や耳鳴り、倦怠感、肩こり等何らかの自覚症状はありますが、病院で検査を受けても異常の原因が見つからない状態のことを「未病」といいます。

 病気ではないけれど、病気に近い状態にある方にも鍼灸治療は効果を期待できます。

 

治療のながれについて

・当院では、東洋医学的診察を重視しております。問診、脈診、腹診により身体の状態を把握して、鍼や灸を施術する経穴(ツボ)を決定します。

*当院では、問診によりしっかりとお悩みや症状のことを伺いますので完全予約制となっております。